海外から東京へ買い付け品を送るならトラックチャーター便の方がいい?

ロシアで暮らしていると色々な経験をするようになります。
先日、私の友人がロシアまでわざわざやってきて、日本でロシアのものを売りたいので協力してほしいという誘いを受けました。
いずれ商売を始めようとしていたので、いわゆるバイヤーとして頑張ろうと思い、東京へ買い付け品を送ろうとしています。
当然、商売的なことは初めてなので、どのように輸出をすればいいのかが分からず、色々な選択肢の中から判断しようと考えているところです。

日本に輸出をするならチャーター便がいい?

日本にロシアのものを輸出する場合にチャーター便がいいと友人は教えてくれました。
1つのトラックを1人の荷主が専用に使えるというものです。
最大のメリットは時間指定ができる点にあり、例えば生ものなどを送る際には相手が指定する時間に設定しておけば、いわゆる産地直送という形で新鮮な状態で取り扱ってくれるだけでなく、商売をするにあたってその方が何かと好都合です。
友人はあまり時間のことは気にしなくていいと言っていますが、将来的にバイヤーの幅を広げる際に知っておきたいと感じました。

ただ、自由度がある分、値段がかかりやすいというのが難点です。
毎回のようにチャーター便を使っていればコストがかかって大変であり、ここぞというタイミングでしか使えないだろうと思います。
友人に買い付け品を送るような場面では最初のうちにチャーター便を使うのはいいかもしれませんが、商売をするようになった際にはこれ以外の方法を模索しないといけません。

混載便という選択肢もあるが…

チャーター便とは別に混載便という方法もあるようです。
トラック1台分の荷物を送るとなると相当な量ですが、友人から言われているのはもっと少ない量です。
なので、チャーター便ではコストがかかりすぎるので混載便という選択肢も視野に入れています。
混載便のメリットは料金が非常に安いことにあり、私のようにこれから商売を始めようとする人や個人輸入に関する仕事をする法人にとっては混載便を使わない手はないといったところでしょうか。

ただ、時間にシビアなところが大きな課題だと感じています。
回収する時間が決まっており、それを過ぎると待たされます。
チャーター便は何とか待ってくれますが、混載便にはそれがないのでうっかりしていると大変なことになります。
まして時間指定はできないので、相手にとって勘弁してほしいタイミングで来ることも考えられます。
軌道に乗せてそれなりに結果を出すまではチャーター便という選択肢の方がいいかもしれません。

おススメHP
トラックチャーター便をご利用の際は『アール企画』へ
電話:03-5878-1601
HPアドレス:https://www.r-kikaku.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です