いろいろな包茎手術があります

包茎手術にはいくつか方法があり、真性や仮性、カントンなどに応じて最適な方法を選択することが可能です。例えば環状切開法の場合、世界的にスタンダードな方法で国内にあるどの病院の泌尿器科においてもこの施術を行っています。真性などの原因になる包皮の狭い部位について直接切除するので、真性包茎をしっかり改善することが可能です。

リッジバンドと呼ばれている性感帯を温存することができ、リスクが低いのが特徴的です。真性包茎の原因になっている包皮の狭い部位について、帯状に切除しながら縫い合わせる手術になります。尚、包茎という症状を治すことを重視しているので美容面への配慮が特にありません。環状切開術によって包皮の狭い部位を切り取ると、包皮の中に隠れている部分ともともと外部に接する茶色に色素沈着したペニスの皮を縫い合わせる手術です。

茶色や肌色の濃淡が明確になるのでツートンカラーになることもあります。環状切開法がおすすめ人として、真性包茎やカントン包茎に悩んでいて、見た目をあまり重視せずに費用を安く抑えたい人に向いているでしょう。

包茎手術で自然な仕上げりにできます

亀頭直下埋没法の場合、基本的には環状切開術と同じで余分な包皮を環状に切除します。環状切開術と違っているのは縫合を行う場所で、環状切開術のようなツートンカラーといった手術跡が目立たないようアレンジすることが可能です。亀頭直下の位置において縫合を行うことによって、勃起していない際包皮に隠れており縫合跡が見えないようになるでしょう。

勃起した時も亀頭の陰に隠れるので縫合跡が目立たなくなるので便利です。この方法は環状切開法に美容面も重視した方法です。包茎手術を検討しているすべての人に向いている方法で、排尿機能や性機能といった機能面はもちろん、美容面にも配慮した自然な仕上がりを求めている人におすすめです。

糸や針による切らない包茎術もあり、メスは使わず糸と針だけを使って包茎手術を行うことができます。亀頭を露出できる仮性包茎の人におすすめで、包皮を糸で結びペニスの根元に手繰り寄せる仕組みです。包皮を切らないので手術後の痛みや腫れが少ないので便利です。

まとめ

いろいろな包茎手術があり、気軽に利用することが可能です。包茎手術は余っている包皮を切れば完了というものではなく、デザインや性機能、排尿機能といった機能面への配慮が必要です。さまざまなクリニックがあり、事前にカウンセリングすることによって自分に合った手術を選択することができます。本来あるべき姿を再現するため美容面など重視してデザインしてくれるようなクリニックだと安心です。手術は短時間で済ますことができ、術後の腫れや痛みを抑えることが可能です。